最近は保証料が不要のところも出てきています

住信SBIネット銀行などの住宅ローンの保証料とはどのようなものでしょうか?

 

住宅ローンを住宅を買うために利用する場合には、住宅を買う費用の他に事務手数料、保証料、登録免許税、印紙代、団信保険料、地震保険・火災保険等、普通に暮らしている場合には見かけないようないろいろな費用がかかってくるのでびっくりしますね。

 

ここでは、このようないろいろな費用の中でも大きな金額になる保証料に関してご紹介しましょう。
住宅を買う場合には、利用するローンは大きな金額で長期間になる場合がほとんどです。銀行などの住宅ローンのそれぞれの会社が、数千万円を一個人に対して融資するのは非常にリスクがあるので、基本的には連帯保証人に返済を確約してもらうことが必要です。

 

しかしながら、住宅購入の場合には非常に大きな金額であるため、連帯保証人を探すのは住宅を買う人にとっては簡単ではありません。そのため、保証会社が登場してくるのです。保証会社に住宅ローンを利用する人が保証料を払って、連帯保証人の役目を果たしてくれます。

 

住宅ローンの返済がもしできなくなったような場合には、残りのローンを保証会社が金融機関に払うようになります。保証料というのは、このリスクを保証会社が負うためのものになります。
ちなみに大手の銀行などの保証料は、だいたい30年ローンの場合で相場は45万円程度です。また、繰り上げ返済の時、大手の銀行の場合には、手数料を保障会社に支払う必要があるケースもあるため注意しましょう。

 

最近は住信SBIネット銀行の住宅ローンなどのように、保証料が不要のところも出てきています。保証料が不要ということは、数十万円これのみでお得になります。

 

住宅ローンを利用する場合は、保証料などいろいろな費用と繰り上げ返済の際の手数料なども含めて、トータル的に見てみることが大事です。