仕事が忙しい方でも、自宅のパソコンから申請が可能なので非常に便利です

個人事業主というのは、事業者自身やその家族などで構成されている規模の小さな事業の経営主です。個人の法人化でない会社で、自営業と一般的には同じです。そのため、融資を住宅ローンで受ける際は、扱いが自営業者と同じになります。

 

個人事業主や自営業者が住宅ローンを受ける場合には、所得証明が3年間必要になります。確定申告の過去3年間の写しを金融機関に持って行って、所得を証明することが多いそうです。この間は決算が黒字でないと審査に受かりません。

 

個人事業主や自営業者の場合は、過去の3年間の決算が黒字でも、今後も収入が安定しているとは限りません。そのため、大切なのは、融資する側にいかに自分の将来の事業の売り上げを拡大していくかという事業計画をアピールするかということです。個人事業主や自営業者の場合は、住宅ローンを利用するためには、できるだけ緩い審査で、安い金利で、あまり手数料なども高くないところがいいですね。 個人事業主や自営業者の場合は、厳しい審査ということが特に一番心配なところでしょう。

 

住信SBIネット銀行というのは、ネット専門なので、個人事業主や自営業者の方で事業や仕事が忙しいような場合でも、自宅でもパソコンを使用すると申請などが可能なので非常に便利です。 住信SBIネット銀行の場合には、個人事業主や自営業者の方の審査基準として、300万円以上の申告所得と具体的に紹介されているため、非常にはっきりしています。住宅ローンの申込の場合ももちろん来店する必要がなく、ネットで申請が可能なので、忙しい場合でもいつでも申請が出来ます。