現在、諸費用を借入れすることができる「Mr.住宅ローン」を取扱っています

住信SBIネット銀行は、現在、諸費用を借入れすることができる「Mr.住宅ローン」を取扱っています。

 

住信SBIネット銀行が、「Mr.(ミスター)住宅ローン」を新しく取扱い始めた背景としては、住宅ローンに興味を持っている顧客の要求が多様化してきていることがあります。住宅ローンをとりまく最近の環境としては、大規模な異次元の日本銀行による金融緩和による金利や物価の先行きへの不安や、消費税の増税が2014年4月から開始されたことに対する消費者の心の変化などの影響から、大きく変わってきています。また、住宅ローンについても、金利以外にも、手数料や繰上げ返済の容易さなど利用する場合のメリットにプラスして、充実した保障などの要求も高まってきています。

 

このようなことから、住信SBIネット銀行では住宅ローンを充実させ、さらに多くの顧客の要求に対応するために新しい「Mr.住宅ローン」の取扱いを始めたそうです。

 

この「Mr.住宅ローン」の特長についてご紹介しましょう。
「Mr.住宅ローン」の特長は、諸費用についても借入れができる、無料で団体総合生活補償保険が付保、当初1年間地震補償保険が無料で加入可能ということです。
なお、現在は大手銀行の銀行代理として扱っている「ネット専用住宅ローン」についても今まで通り取扱っているため、直接住信SBIネット銀行が貸し出ししている新しい「Mr.住宅ローン」と供に、顧客は自分の要求に適した住宅ローンを2つの中から選択することができます。