国内に住んでいる外国人の場合でも、住宅ローンを利用することができます

住信SBIネット銀行の住宅ローンというのは、金利が安いために外国人の場合でも利用したいという方がいるのではないかと思います。では、住信SBIネット銀行の住宅ローンというのは、外国人の場合でも利用することはできるのでしょうか?

 

まず、住信SBIネット銀行の住宅ローンを借入することができる条件について見ていきましょう。
次に示すような条件を満足することができなければ、住信SBIネット銀行の住宅ローンを利用することができないため、事前にチェックするようにしましょう。

 

  • 仮審査を申込みする際に、満20歳以上65歳以下の年齢であることが必要です。
  • 最終的に返済する際、満80歳未満の年齢であることが条件になっています。
  • 収入がきっちりとして安定していることも要求されます。
  • 国内に住んでいる外国人の場合でも、住信SBIネット銀行の住宅ローンを利用することができます。
  • 国内に住んでいる外国人の場合には条件がさらに増えます。
  • 永住許可を日本で取得しているということが条件になります。
  • 住信SBIネット銀行の住宅ローンを申込みする際には、在留資格を記載している本人確認ができる書類が必要となるため事前に準備しておきましょう。
  • 住宅ローンを利用する場合に知っておきたいことは、借入対象の住宅は、条件として本人あるいはその家族が入るということが前提としてあります。
  • 住宅で建築基準法に則っていないものは対象にはなりません。

もし、対象の住宅が住宅ローンを利用できるものかどうかが分からない場合は、住信SBIネット銀行の公式サイトに詳細が紹介されているためそちらでチェックしましょう。

 

また、住宅ローンを利用する場合には火災保険についても、新しく加入する必要があるため、このことも知っておきましょう。