固定金利プランは2パターンから選択できる住宅ローンです

住宅ローンの金利は、将来的にどのようになるかということを予想するのは非常に困難です。特に、現在のように将来的な状況が良く分からない場合に、金利のタイプを選択することは非常に難しいと思います。

 

変動金利タイプの場合には、金利が将来アップしないかということが心配です。しかしながら、固定金利タイプの場合には、利息負担が金利がアップし始めるまでもったいない感じもするということもあるでしょう。このような場合は、金利選択タイプの10年固定のものも選択してみてもいいのではないかと思います。

 

住宅ローンの固定金利選択タイプというのは、金利が当初の数年間固定されおり、固定期間が選択できるものです。固定期間が終了した後は、ほとんどの場合、再度固定金利か、変動金利を選択することができます。短い固定期間のものを選択して、金利がその間にアップしてしまった場合には大きく家計へ影響があるため、10年の固定期間のものがいいでしょう。固定金利選択タイプの10年のものにもさまざまあります。

 

住信SBIネット銀行の住宅ローンの固定金利プランの特徴は、「通期引下げプラン」と「当初引下げプラン」とから選択できるという住宅ローンです。当初引下げプランというのは、借入した初めの期間を重要視して、金利を基準金利から引き下げて、初めの期間において早く返済のペースをするものです。通期引下げプランというのは、借り入れの全ての期間で、金利を基準金利から一律下げることで、返済ペースを安定的に実現できるものです。

 

住宅ローンを利用する場合には、このようなことにも注目してみましょう。