主な審査の場合のチェック内容は、勤続年数があります

住信SBIネット銀行の住宅ローンは、8大疾病保障がついており、しかも低い金利ということで、非常にお得なものです。

 

ネットの口コミでも良い評判で、住信SBIネット銀行の住宅ローンを利用したい方が非常に多くなっているそうです。しかしながら、住信SBIネット銀行の住宅ローンを利用するためには、住宅ローンの審査に無事に受からなければなりません。

 

では、住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査においては、主にどのようなことをチェックしているのでしょうか?主な審査の場合のチェック内容についてご紹介しましょう。

 

年収

300万円未満の年収の場合には、審査に受からない可能性が高くなります。概略で、住宅ローンの借入を希望する金額が、年収に対して5倍〜6倍くらいまでなら、住宅ローンの審査に受かりやすいです。

勤続年数

3年以上勤続年数があると、審査基準を満足します。2年〜3年くらいの勤続年数の場合には、審査に受かる可能性がありますが、半年〜1年未満の勤続年数の場合は、審査に受かるのは困難でしょう。
また、正社員の場合には審査基準を満足しますが、契約社員や派遣社員の場合には、審査に受かりにくいでしょう。

年齢

借入する際、返済が終る際の年齢もチェックされます。

担保価値

住宅などの担保価値についても確認されます。特に、中古住宅などの場合は、年収以外に全く問題がない場合でも、審査にこのために受からないこともあります。