厳しい審査基準なのでしょうか?

住信SBIネット銀行の住宅ローンは、厳しい審査基準なのでしょうか?

 

審査基準を掴んでおくと、審査に受からないという事態になることをある程度回避することが可能なはずです。住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査基準は、非常に大ざっぱに決められていることが気がかりです。

 

しかしながら、住信SBIネット銀行というのは積極的に住宅ローンの顧客を獲得するために相当動いています。住宅ローンの融資残高が、2013年8月には1兆5000億円を超過したそうです。2013年11月よりは特に方針を変更して、自分の会社の住宅ローンである「Mr.住宅ローン」を発売し、今まで審査は提携先の銀行が行っていましたが、独自に住信SBIネット銀行が行うようになりました。

 

住宅ローンの顧客を戦略的に取り込んでいることを考慮すると、審査を思い切った基準で行っていることも考えられます。積極的に住信SBIネット銀行の住宅ローンを申込みしましょう。

 

住信SBIネット銀行の住宅ローンは、商品性ということでは長期固定金利〜変動金利まで業界でも最低レベルの金利の低さをいつも提供し、保証料無料、8疾病保障無料、団体信用生命保険料無料、ケガ補償無料、繰上げ返済手数料無料、地震補償無料、というように高い利便性のものを提供しています。

 

なお、「Mr.住宅ローン」においては、固定資産税や登記費用などのいろいろな費用を最大500万円まで借りることができます。
住信SBIネット銀行の住宅ローンは、住宅を買いたい、住宅ローンを借り換えたい、住宅ローンを利用したいがイニシャル費用が心配という場合にはおすすめです。